スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「聖少年」を読みました。

215CQ586AWL.jpg

ご無沙汰ですね。すみません。
ここんところ毎回謝ってますね…

偶然目にした書評で知った小説です。同性愛というかウリセンが主題というので気になりました。
主人公は目立つ高校生で、でもそれぞれに傷を負っていてそのせいか、裏で彼らと仲間がウリのバイトをしている。そこにそんな世界とは縁のないノンケの同級生を引き込んで行くというお話。

とりあえず一気に読ませる吸引力はあります。
特に前半のノンケの同級生が主人公に憧れて変化して行く過程は、思春期の憧れとも恋愛感情とも友情も区別のつかない微妙な感情を良く描いていて、その感情によってまた当人が傷ついて行くあたりは、絶妙と感じます。
一方、後半は殺人に発展して、探偵なども登場、ミステリー的展開になって行くあたりはあまりに常套的で、ちょっとしらけてしまいます。強引に水増ししたかな?

この物語から同性相手のウリが異性相手であったら、だいぶ陳腐なものになっているでしょうね。
なのでこの設定に大きく依っているあたりが少々物足りないです。
でも、前半の展開はなかなかリアリティを感じるものです。

読後感のいたたまれなさは、ちょっと尾を引きました。
それは同性同士の営みや近親姦の背徳感、罪悪感が、ノンケの同級生の純粋さを持っても打ち消されずに残るからなのかな。なにかそういう同性愛=タブーという空気を背景にしている暗さが覆っている所がもやもやと気になりました。

女装とは直接結びつかないけど読んで損はないかな。
スポンサーサイト

いい歳して女性化/中性化に目覚めたら 辻仁成

今年もよろしくおねがいします。
久しぶりの更新です。
私は元気です。
といっても、「私」になる時間がほとんどなくなってしまってるんだけど。
パートタイムレディは環境に左右されるのよね〜

で、以前から気になっていた辻仁成
中山美穂との離婚騒動の週刊誌広告に見慣れた(笑)文字が! 「女装」「中性化」
辻さんは、どうも途中から中性化、女性化にものすごく興味を持ち実践して行ったみたいで
その姿が気になりました。
ちなみに辻さんは作家になる前の昔、ECHOESというバンドのギター/ボーカル/リーダーであったんですが、
その頃の風貌は神経質そうな青年というくらいの印象でした。

tsuji200x300.jpg

tsuji245x300.jpg

ちょっと前?の辻さんの風貌です。(今は髪を短く切ったとか…よくわかりません)
第一印象は、へえ結構かっこいいなと思いました。
別に普通に中性的なミュージシャン風というかそういう感じです。
こんなヘアスタイルでもっと女性っぽい人は結構いますしね。

Baidu-IME_2014-4-10_22-19-52-234x300.jpg


完全女装写真は出て来なくて近いのはこれですかね。でもメイクという程でもないです。
これもビジュアル系の人達に比べれば、まねごとレベルでどうってことないです。

問題は、やはり辻さんの歳と境遇ですよね。55歳、作家、ミュージシャン、中山美穂の夫という人が女装趣味というのがいかにも女性週刊誌好みの話題性ですしね。
いい歳して女装や中性化に目覚めるというのは、私は他人事ではありません。

「中性的なおじいちゃんになる」と公言してるんですね。
夫婦関係に亀裂を入れてしまい離婚に至った経緯は世間的にはいただけない事でしょうけど、
自分の意思を堂々と公表して実行するのは、私は立派だと思いますよ。

でも世間的には大分違うようで、
この離婚関連の記事の書き込みを見ると激しいバッシングがかなりありますね。
イケイケだったこの人へのジェラシーの裏返しと女装や中性化に対する蔑視感が合体した激しさでしょう。
それから中山美穂側の復帰に向けたイメージ回復作戦という裏も見え隠れします。

この方の事あまりよく知らなかったんですが(興味がなかった)
この件で少し興味を持ちました。
ミュージシャン、作家、女装家と自分の欲望を実現していく実行力は
非難はできても真似できるものではないと思います。
女性化に関した小説も書いているようで読んでみようと思います。


キスの味

最愛の恋人とか伴侶とか好きな人と限らなくてもキスが好きな人は男女とも多いですよね。
キスしてみたいというのは素朴な欲望で、高揚する気持ちと直結しているのとベットへと繋がっているのよね。
このキスの感覚、ずいぶん相手によって違いますよね。
唇の厚さ、圧力、時間、言葉、抱きしめ方などなど。

男としてキスをしている時と女としてキスをしている時は結構違いますよ。
やっぱりキスに求める比重が大きくなるかなあ。
少し受け身になるし、ちょっとでも好意がないとキスをするのは難しくって、
嫌な人とは嫌悪感だけで目をつぶるようにして短い時間になっちゃうの。

あのね、正直いうと
男の人は、あまりキスが上手じゃない。キスが上手な人はきっとポイント上がると思う。
だいたい、がばっ、ぶちゅーって感じなの。
あーんがっかり~
ちょっと興ざめ
だって女の気分を最高に味わう瞬間なのよ。
ロマンチックに優しくして欲しい瞬間なの。

男の方はその先の方に興奮しちゃってて、
それどころじゃなくて
たぶん気持ちを確かめる通過儀礼的、前戯のおまけなのよね。
はげしい気持ちを表現するつもりでディープキスでベロベロも
おんなじ。
あれは両方の気持ちが高まらないと気持ち悪い感覚があるのよ。
男の人は好きでもない女、例えば近所のおばさんとかに迫られて
いきなりディープキスされるのを想像してみて。

女性の声で、
キスだけいかせるような上手なキス
という表現があるけど、
そういうのってあると思うの。
(私はまだ経験ないけど)
そういう精神的なスキンシップって女の側では大切なのよね。

あまりこういうのって話してる人いないよね。
こういう比較自体バイセクシャルじゃないとできないし。
貴重な感覚かな~と思って書きました。

裏声の女声といえば…



またまた更新が滞ってすみません。
もう誰も読んでないよねー。
なかなかゆっくり更新するゆとりができなくて…
なので変身もできてない…

裏声と言えばこれ!
てくらい有名な曲で良く知ってたんだけど、
だれなのかなんて曲なのかがなかなかわからなかったの。
スタイリスティックス「愛が全て」



ソウル系は黒人男性が裏声で歌う事があるんだけど、この人達のその代表ですよね。
裏声で前編歌うのは他にあまりないように思います。
この方面はあまり詳しくないのでだれかレクチャーして欲しいな。
EW&Fのフィリップベイリーなんかこの流れなのかしら。
結構セクシーボイスで私は好き。
姿が女性ぽかったら違う見え方するよね。

日本人と比べて音域とか声量とか違うのかなあ、気になるな〜

抜髭してみた。


体毛を除くことを脱毛というから抜くのは抜毛だろうけど、違う意味になるね。
ここで書きたいのはおひげを抜くこと。

女装ならヒゲを抜くくらい当たり前でしょ!
というのはよく見ていて、試みたことはあるんだけど、
いたーい!!!
私は痛みに耐えるのは苦手なのですぐくじけました。

でもちょっと頑張ってみようかなって思うきっかけがあったので再度挑戦!!
とげ抜き、毛抜きを買って来た。持ってたのはいまいちつかみが悪かったから。
途中で挟んでるのが取れたりすると倍痛いことになるでしょ?

二三日無精髭で伸ばした方が抜きやすい。
なれるまでやっぱり痛いの。
特に陣中ていうの?鼻の下の真ん中の、あそこが痛い!

毛の生えている方向にぎゅっと引っ張るんだけど、
だんだんコツをつかんで来るの。
すんなり抜けるとチクッとするだけで、スッと抜けるようになる。
ジワっと抜く方がいいのか、ピッと勢いよく抜くのがいいか、甲乙つけがたい。
その人の性格にもよるかなあ。

はじめは数が多くて気が遠いの。
成果をきっちり見たい人は端からきれいにしていくかもしれないけど、
そうすると途中で止められない。
私は目立つ毛や込んでいて濃さが目立つ所から攻めていきました。

気が遠いんだけど、
ある段階から、なんかすごくまばら感が出て来て、そうすると嬉しくてどんどん行っちゃいます。
細いのや短いのは抜きにくいから、後回し。
90%くらい抜けたら残りはシェーバーできれいにします。

やってみると…
綺麗!
すごくいい!
完全脱毛したらこんなかなあ?
いいなあ。
という気分は味わえます。

前にも書いたけど
男?って感じる部分は
体つき、
ひげあと
の順。
女性らしさは
体つき、
髪型、
白い肌
の順で認識すると思うの。
このひげあとと白い肌の部分が
ひげを抜くことでカバーされるからやっぱり女性度上がりますね。
私は割と毛が濃い方なので特に感じます。
メイクしてなくてもそれは感じるし、
メイクしたときも不自然感が減ります。

顎とかの髭ももちろん抜いた方がいいんだけど、
そこまでするとやっぱり大変。
一番目が行く鼻下が自然につるっとしていれば
それ以外の所はシェーバー+コンシーラーでもそれほど気にならない感じがします。

それで問題の手入れ。
また一から全部抜くのは大変なので、一度抜いたら生えて来た所からちょこちょこ抜くようにします。
これ結構面倒くさい。でも全部いっぺんには生えて来ないので、まめにできれば有効です。
難点なのは、いつも無精髭みたいに伸びているヒゲがあること。
本数少ないから目立たないけど、いつもつるっとしてなきゃやだって人は、毎日抜かないとだめ。
それが難点かなー。

私はあんまり無理しないで、
時々シェーバー使ったり、まとめて抜いたりとその時に応じて使い分けて続けてます。
完全脱毛まではちょっとという方一度お試し下さい。

うーん、でもこの抜く痛みを何度も味わうんなら早く完全脱毛したいなあ、なんて思っちゃう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。