スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい歳して女性化/中性化に目覚めたら 辻仁成

今年もよろしくおねがいします。
久しぶりの更新です。
私は元気です。
といっても、「私」になる時間がほとんどなくなってしまってるんだけど。
パートタイムレディは環境に左右されるのよね〜

で、以前から気になっていた辻仁成
中山美穂との離婚騒動の週刊誌広告に見慣れた(笑)文字が! 「女装」「中性化」
辻さんは、どうも途中から中性化、女性化にものすごく興味を持ち実践して行ったみたいで
その姿が気になりました。
ちなみに辻さんは作家になる前の昔、ECHOESというバンドのギター/ボーカル/リーダーであったんですが、
その頃の風貌は神経質そうな青年というくらいの印象でした。

tsuji200x300.jpg

tsuji245x300.jpg

ちょっと前?の辻さんの風貌です。(今は髪を短く切ったとか…よくわかりません)
第一印象は、へえ結構かっこいいなと思いました。
別に普通に中性的なミュージシャン風というかそういう感じです。
こんなヘアスタイルでもっと女性っぽい人は結構いますしね。

Baidu-IME_2014-4-10_22-19-52-234x300.jpg


完全女装写真は出て来なくて近いのはこれですかね。でもメイクという程でもないです。
これもビジュアル系の人達に比べれば、まねごとレベルでどうってことないです。

問題は、やはり辻さんの歳と境遇ですよね。55歳、作家、ミュージシャン、中山美穂の夫という人が女装趣味というのがいかにも女性週刊誌好みの話題性ですしね。
いい歳して女装や中性化に目覚めるというのは、私は他人事ではありません。

「中性的なおじいちゃんになる」と公言してるんですね。
夫婦関係に亀裂を入れてしまい離婚に至った経緯は世間的にはいただけない事でしょうけど、
自分の意思を堂々と公表して実行するのは、私は立派だと思いますよ。

でも世間的には大分違うようで、
この離婚関連の記事の書き込みを見ると激しいバッシングがかなりありますね。
イケイケだったこの人へのジェラシーの裏返しと女装や中性化に対する蔑視感が合体した激しさでしょう。
それから中山美穂側の復帰に向けたイメージ回復作戦という裏も見え隠れします。

この方の事あまりよく知らなかったんですが(興味がなかった)
この件で少し興味を持ちました。
ミュージシャン、作家、女装家と自分の欲望を実現していく実行力は
非難はできても真似できるものではないと思います。
女性化に関した小説も書いているようで読んでみようと思います。


スポンサーサイト

グラムの美神 ミックロンソン 

Mick_Ronson_00.jpg

ビジュアル系のルーツを辿っていくと、デヴィッドボウイに辿り着きます。もちろんスピリッツで遡れば腰ふりダンスをしたエルビスプレスリーにも辿り着くけど、ビジュアル的にはボウイがルーツだと思います。
もともとロックにはセクシャリティが色濃くあって、ロックの解放の中に「sex/gender」が含まれていたのだと思うのね。その部分を色濃く出したのがグラムロックだと思う。

色濃く打ち出すってのはHなステージってことではなくどっちかって言うと男っぽさを強調したハードロックの傍流として、セクシャリティの超越みたいな部分とか、官能的な部分とか猥雑な部分とか。中性的なファッションやメイクにそういうのが色濃く現われていた。


私はボウイにはそれほど触発されていないのです。なんでなのか判んないけど、ロックの猥雑性とか反社会性みたいなところがその頃はあまり好きではなかったの。自分の保守性だろうけど。むしろ今の方が懐古的にそう言う空気感を楽しめるようになったと思うの。
だからあまり偉そうに詳しいことは書けません。
実はランディの姿を見ているとあれー誰かこういう雰囲気の人いたよねえ、って思って思い出したのがミックロンソン。偶然見たライブ映像がかっこ良かったのもきっかけ。え、だれだれ?このかっこいいギター、って思ったらデビッドボウイとミックロンソンだったの。
それから気になって調べ出したのでにわかファンです。

ronson_bowie.jpg


強烈なカリスマ性を持つ初期のボウイの傍らでいつも美しい長髪をなびかせるミックロンソンも人気者だったはず。カリスマボーカリストとスーパーギタリストのコンビはロックバンドの定番ですもの。この二人はとても絵になりますね。
演劇的なコンセプトとロックンロールの猥雑性を融合したボウイは天才肌だと思います。ミックロンソンはその片腕だったんだろうて思ってました。ギタリストとして。



彼のソロアルバムを聴いて驚いたのがその内容がとても充実していたことです。ボーカルもギタリストとは思えないほどしっかりしているし、多様な音楽性、イマジネティブなメロディなど1ギタリストでは済まない音楽性を感じます。ボウイの片腕ではなくボウイの初期の傑作はボウイとの共作でグラムロックを確立した立役者の1人といっていいんではないでしょうか?私が今更いわなくてもみんなそう思ってますよね、きっと。



mickronson_02.jpg


MickRonson_03.jpg


Mick-Ronson-01.jpg


白いレスポールとブロンドの長髪はとても似合っててステージ映えしますね。ミックはそれほど中性的という感じもないですが、ソロアルバムのちょっとあどけなさの残るポートレートがとても可愛いですね。
割と早く亡くなってます。天才とスターは儚いですね。TRexのマークボランも早死でした。

mickronson_04.jpg




ところでユニセクシャルなイメージのボウイですが、意外と女装姿は少ないです。女装は欧米ではタブーなんですね。どうもその一線を一歩手前で止めている気がします。
後の成功を見ると、多分それで良かったんだと思うけど、ちょっと残念。
あとボウイはきれいですけど、割とダンディで男っぽい格好良さですね。
女装姿のジャケットもあとで変更されたようです。

bowie01.jpg

david_bowie_05.jpg

David_Bowie02.jpg

david_bowie06.jpg

davidbowie04.jpg

テーマ : ヴィジュアル - ジャンル : 音楽

薄幸の美形ギタリスト ランディローズとクワイエットライオット

RR1.jpg


アーティストって早死にしちゃうヒーローってたくさんいるけど、ロックミュージシャンにも多いのよね。その中でもとびきりの美形がランディローズ。美形の名ギタリストとしても有名だから知っているだろうけど。

randy1.jpeg


でも彼は最初っから有名と言うわけではなかったの。
クイーンやキッスのあとアイドル路線のハードロックって言うのが確立されて、ルックス重視のバンドがいろんなレコード会社から出てくるようになったのね。そんななかで出て来たのがクワイエットライオット。

QR1.jpg

qr3.jpeg



ちょっと可愛いと言うか遊園地的なファッションに身を包んだ美形の若者4人。ひとりはちょっと美形とはいい難い?
と言う所もクイーンに似てるなあと思いました。
でも他の三人はブロンドのロングヘアが似合う美形で私はかっこいい!(これは「かわいい」も入ってるたぶん)
て思ったの。いかにもアイドルって感じの美形揃いじゃない?
今だったらお化粧させてすっかり女の子にしちゃいたいですね。

qr2.jpg


でも、音はねあんまり特徴がなくて、先に私が好きだったAngelのように夢中にはなれなかった。
実際、かなり苦戦していたようでアルバム2枚出したあと解散状態になったみたい。
このときにランディローズは伝説的なオジーオズボーンのオーディションを受けます。
小さなアンプを持っていったランディは演奏する前にオジーに君に決めたよと言われるのでした。

オジーと出会ってからのランディは才能を開花させ美しきギターヒーローになりました。
ブリザードオブオズのデビューアルバムのミスタークロウリーでの演奏は本当に凄くて、私も初めて聞いたとき電撃を受けたようでした。クラシカルなフレーズを取り入れた流麗で華麗なそのプレイはランディの華奢な美貌と相まって本当にドラマチックでした。今聞くとね、えー普通じゃんて思われそうだけど、それだけあとの人にも影響与えたのかも。

ランディはちょっとたれ目で口元が困った感じで、守ってあげたくなるタイプ。
段の入ったツンツンしたロックっぽいワイルドなヘアスタイルだけど、銀色がかったブロンドのせいか清楚な雰囲気で美少年の面影が色濃いです。
黒のドットパターンみたいなワイルドだけどフェミニンていうのがとっても良く似合うのね。

rr11.jpg


rhoads.jpg




グロテスクの代表みたいにいわれるオジーも実はなかなかの美形で、最初のベーシスト、ボブディズリーも美形で、オジーのバンドはなかなかスター性も高かったんですよ。


動くランディは貴重!(このBassはBobじゃなくてRudyかな)



ところでクワイエットライオットはランディが抜けたあとも復活したりして結構頑張ってヒット作を出しました。Vヴォーカルのケヴィンはちょっと破滅型みたいで、せっかくヒット飛ばしたけれど、そのあとバンドをうまく持続させられず、最後は早死にしちゃいました。クワイエットライオットはひと頃結構人気があって今も続いているようですね。

テーマ : ヴィジュアル - ジャンル : 音楽

束ね髮のプリンス Jaco Pastrias

jaco-pastorius_1737.jpg

今ではすっかり定着した男の人の束ね髮、ロックミュージシャンなんかでも昔はそれほど見かけませんでした。
でもこの束ねたスタイルはずっと昔から男性の髪型としてあったと思います。インディアンとかでも見かけるような気がするし、日本の浪人侍とかにもいそうですよね。

ロックの場合、なぜかあまりこの束ねるのが流行りませんでした。ロングヘアのアピール度げ減るからなのか、オカマっぽくなるのを嫌ったのかよくわかりません。
今ではよくみかけるけどルーツはどの辺にあるんでしょうね?

たぶんいくつかあるんだと思いますが、私はジャズ/フュージョン系のミュージシャンで見かけ始めたのが最初です。それもベーシスト。多分この人の真似ですね、ジャコパストリアス。

今回画像を探してみて思ったんですが、あれ?意外と束ねてないなー。
ファーストソロアルバムのジャケットの印象が強烈だったんでしょう。
このアルバムは名盤とされていますし、ベースの神様と思っている人も多いんです。

jaco_pastorius.jpg

5124935_12bfc2e1aa.jpg



私はジャズ系の方の渋い風貌もかっこいいと思いますが、sayanoの好みからすると全体にちょっと渋すぎ…。
でもジャコはかっこいいですね。帽子やヘアバンドもかっこいいし。

ちょっと日本人の誤解だったかもしれないけど、この方のおかげで束ね髪が流行って、私は髪を伸ばす事ができました。なのでちょっと感謝。
そういえばどことなくイチローに似てません?

250px-Weather_Report_(Jaco_Pastorius).jpg






テーマ : JAZZ - ジャンル : 音楽

美モデル発見!Vadim Shatilov

Vadim Shatilov (16)

久しぶりに美しい人発見。
なんか少女漫画から出て来たようですね。

男にしとくのもったいない感じ。
でも身体は男のままで、私好み♡

Vadim Shatilov (2)


超ロングヘアてこういう人のためにあるのよね。長身でスレンダーで面長で。
でもちょっと東洋人の目からは首が長すぎかなー。
あとちょっと痩せ過ぎで角度によっては幽霊みたいに見えたりもするけど。

アンドレイペジックさんもきれいだけどこの人も同傾向ですね。これからのトレンドかしら。

Vadim Shatilov (13)

Vadim Shatilov (4)

Vadim Shatilov (1)

この頃は、きれいな女性を見ても、好意よりも羨望の方が強くて、いいなあ、きれいでと思ってしまいます。
でもこういう方見ると、羨望もあるけど、ときめきもあります。
あー変態度あがってるう。

テーマ : 女装 - ジャンル : サブカル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。