スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも聖徳太子が女装子だったら 日出処の天子

yamagisiryouko4.jpg

少女マンガにはだいぶ前から同性愛的傾向や女装志向が強くありましたね。私がそんな世界を垣間みたのも少女マンガからでした。なぜ少女マンガの世界で花開いたのかは、いろいろ考える所もあるのでちょっと保留。

そんな中で腐朽の名作の一つ、山岸涼子作 日出処の天子。
これはもう文学と並ぶような歴史マンガで脚本、作画ともに芸術的水準と言ってもいいような傑作漫画です。
yamagisiryokored2.jpg

yamagisiryokoflute.jpg



お話はなかなか奇想。
聖徳大使が超能力者で、絶世の美少年という設定。しかもあの蘇我蝦夷に恋するという内容。
血で血を洗う朝廷の権力抗争をその天性と美貌で乗り越えていくも、恋路の成就は遂に果たせずという悲しい恋物語でもあります。類い稀な美貌と才能を持ちながら孤独に苛まれるというシリアスな人間ドラマでもあります。
当時は法隆寺あたりから抗議があったとか、それが新聞社のねつ造だとかで結構騒ぎになりました。

umayado1.jpg

umayado.jpg


この聖徳太子(作中では厩戸王子)が計略を謀るときによく出てくるのが女装姿。もともと女性のような美貌で女性に変身して計略を企てます。

img_169156_34324093_0.jpeg

お話、その美しい姿ともに楽しめます。最近復刻版が出たとか。ご興味ある方ぜひ。

スポンサーサイト

テーマ : 同性愛・両性愛 - ジャンル : 恋愛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。