スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性ホルモン足りなくなったら…






男性の更年期障害で男性ホルモンが減ったらという記事が出てました。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51971880R20C13A2NNSP01/
男性ホルモンのひとつがテストステロンで男らしさを作っています。筋肉増強とか性欲とか毛深さとか闘争本能とか。
という事は我々女装子の敵!ってことになります。
もちろん、それ以外に身体の調子を整える働きをいろいろしているので、テストステロンが減ると男性でも更年期障害として生活にいろいろ不具合が出てくるんですね。
その治療法の一つが男性ホルモンの投与です。

さて、私は症状はまだありませんが出てもおかしくない年頃になって来ました。
男性ホルモンが減るのは喜ばしい事。でも身体の調子が悪いのはいやですね。
それに性欲が減るというのは、どうですか?
性欲減ると楽ですが、人生の楽しみが減る感じもしますね。もちろん人間関係上必要な人もいるでしょうね。
更年期障害が出て来たら男性ホルモンを投与するか否か。

悩みますよねー。
男性ホルモンなんて一滴も増えて欲しくない。むしろ女性ホルモン増やして欲しいくらい。
でも性欲なくなったら多分女装への意欲も減るかも。

そうそう、男らしさについて
男らしくないこと、コンプレックスになりそうな事あげてみますね。

背が低い
痩せてる
色が白い
貧弱な筋肉
ひげが薄い
体毛がない
貧弱な体格
ウエストが細い
お尻が大きい
顔がごつくない
髪が豊かで長い
力が弱い
手足が細い
手足が小さい
声が高くて小さい
のどぼとけがない
唇が赤い
性格が繊細
性欲が弱い
とろい
料理ができる

こういうのって女性や女装子にとっては殆ど有利になりますよね。
これほど男と女の価値観て真逆ってことですね。
男としてコンプレックスは女になればアドバンテージ!一気に優位になれるわけ。
ということで自分リサーチ。

背が低い△ 男としては高くない
痩せてる◯ 中年としてはやせ形
色が白い◯ 女性ほどではないけど色白と言われる
貧弱な筋肉◯ 筋肉つきません、ぽちゃ的
顔がごつくない◯ 丸顔で童顔 トッちゃん坊や的
ひげが薄い× 髭は濃いめ
体毛がない× 体毛も標準
貧弱な体格△ 胸厚、肩幅は標準
ウエストが細い△ 細くはないけど太ってないので
お尻が大きい 大きくはないけどいい形らしいです
髪が豊かで長い◯ はげてなくて髪多いです。
力が弱い△ 見た目より割とあるつもりだけど、自慢できるほどではない
手足が細い◯ 体格の割には細いです
手足が小さい△ 手足は人並みですが、男性の中では小さめかな
声が高くて小さい△ 声は大きいですが、高い声もでます
のどぼとけがない◯ のど仏ほとんどないんです これは嬉しい
唇が赤い△ これは普通
性格が繊細◯ 両面あるけど豪快というのはないかな
性欲が弱い◯ 人並みだったけど今はあんまり自信ない
とろい◯ スポーツ音痴で反射神経鈍い
料理ができる◯ 料理とくいです。今は男でもオッケーだけど

改めてこうやってみると、かなり女性度高いっていうか女装子向きってことかしらん? 
正直ここまでって思ってなかったです。
×である髭と体毛を克服するとかなり女性度アップ!

髭と体毛は男性ホルモン投与で増えるよね。
でも女性ホルモンで薄くなるって聞かないよね。
まあ、これは脱毛でってことかな。

とにかく男性ホルモンはあまり増やしたくないですね。

そうそう髪切ったんですよ。前髪ある方が若く可愛くなるね。
髪切った写真はもう少し待ってね。って誰も待ってないか。
スポンサーサイト

テーマ : 女性化・男性化・中性化 - ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。