スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄幸の美形ギタリスト ランディローズとクワイエットライオット

RR1.jpg


アーティストって早死にしちゃうヒーローってたくさんいるけど、ロックミュージシャンにも多いのよね。その中でもとびきりの美形がランディローズ。美形の名ギタリストとしても有名だから知っているだろうけど。

randy1.jpeg


でも彼は最初っから有名と言うわけではなかったの。
クイーンやキッスのあとアイドル路線のハードロックって言うのが確立されて、ルックス重視のバンドがいろんなレコード会社から出てくるようになったのね。そんななかで出て来たのがクワイエットライオット。

QR1.jpg

qr3.jpeg



ちょっと可愛いと言うか遊園地的なファッションに身を包んだ美形の若者4人。ひとりはちょっと美形とはいい難い?
と言う所もクイーンに似てるなあと思いました。
でも他の三人はブロンドのロングヘアが似合う美形で私はかっこいい!(これは「かわいい」も入ってるたぶん)
て思ったの。いかにもアイドルって感じの美形揃いじゃない?
今だったらお化粧させてすっかり女の子にしちゃいたいですね。

qr2.jpg


でも、音はねあんまり特徴がなくて、先に私が好きだったAngelのように夢中にはなれなかった。
実際、かなり苦戦していたようでアルバム2枚出したあと解散状態になったみたい。
このときにランディローズは伝説的なオジーオズボーンのオーディションを受けます。
小さなアンプを持っていったランディは演奏する前にオジーに君に決めたよと言われるのでした。

オジーと出会ってからのランディは才能を開花させ美しきギターヒーローになりました。
ブリザードオブオズのデビューアルバムのミスタークロウリーでの演奏は本当に凄くて、私も初めて聞いたとき電撃を受けたようでした。クラシカルなフレーズを取り入れた流麗で華麗なそのプレイはランディの華奢な美貌と相まって本当にドラマチックでした。今聞くとね、えー普通じゃんて思われそうだけど、それだけあとの人にも影響与えたのかも。

ランディはちょっとたれ目で口元が困った感じで、守ってあげたくなるタイプ。
段の入ったツンツンしたロックっぽいワイルドなヘアスタイルだけど、銀色がかったブロンドのせいか清楚な雰囲気で美少年の面影が色濃いです。
黒のドットパターンみたいなワイルドだけどフェミニンていうのがとっても良く似合うのね。

rr11.jpg


rhoads.jpg




グロテスクの代表みたいにいわれるオジーも実はなかなかの美形で、最初のベーシスト、ボブディズリーも美形で、オジーのバンドはなかなかスター性も高かったんですよ。


動くランディは貴重!(このBassはBobじゃなくてRudyかな)



ところでクワイエットライオットはランディが抜けたあとも復活したりして結構頑張ってヒット作を出しました。Vヴォーカルのケヴィンはちょっと破滅型みたいで、せっかくヒット飛ばしたけれど、そのあとバンドをうまく持続させられず、最後は早死にしちゃいました。クワイエットライオットはひと頃結構人気があって今も続いているようですね。
スポンサーサイト

テーマ : ヴィジュアル - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。