スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V系の源 NOVELAの美しきリーダー平山照継

NOVELA.jpg

最近のV系はそんなに詳しくないけどヴェルサイユぐらいは知ってますよ。このスタイルを確立したのはたぶんMalice Mizerなんだろうと思います。その背景になっているのがX-Japan、彼らの原型になった人たちが80年代にいました。それがNOVELA(ノヴェラ)です。

それまで日本のロックてちょっとマイナーな存在でした。知る人ぞ知るって感じで。このころ国産のヘヴィメタルやプログレが盛り上がって来て国産ロックがかなりメジャーな存在になって来ました。ちょうどラウドネスやアースシェイカーが鮮烈にデビューしたのもこのころでした。

NOVELAはそんななか衝撃的にデビュー。けばけばしいお化粧とメイク、プログレとハードロックのいいとこ取りをしたドラマティックなサウンド、3オクターブのハイトーンボーカル、少女漫画的なユーロロマンティックで耽美な世界感などそれまでの日本のロックバンドにはないものでした。
彼らがお手本にしたのはイメージ的にはクイーンやKissやこの間書いたエンジェル、音の方はルネッサンスやエニドなどのシンフォニックなプログレとジューダスプリースなどのNWOHM(へヴィメタルのニューウエイブ)を合体したものでした。
ハードロック的でありながら20分近い組曲形式の大作も演奏するという2面性がありました。

novela3.jpg

さすがに今見ると、どこのオカマバー?て感じで、きっとビジュアルも貧相に見えるかもしれないけど当時は衝撃でしたよ。たくさんのフォロアーバンドが生まれ、このころからメイクをするバンドが当たり前になったんです。
全員が美形とも言い切れないけど男前のVocalの五十嵐さん、派手な存在感のベースの高橋さん、女性的なギターの平山さん、キーボードの永川さんなど人気がありました。
(メンバーチェンジの後にも美形がおりましてそれはまた後に書きます)

novela2.jpg

そんななかで、私はなんといっても平山照継さんのファンでした。殆どの楽曲の作詞作曲を担当するリーダーでバンドの頭脳的存在、それでいて童顔で化粧したステージでの姿は女装ではないけど女っぽい衣装で女性のように見えました。
そういえばMaliceもVersaillesもギタリストに女装志向がありますけど、Novela以来の伝統かな?
彼の世界観はおとぎ話のように幻想的でありながらどこか社会を突き放すような刺があり、そこが魅力です。音楽性も高かったのです。

<teru2.jpg



このように書くと姿だけでなく音や世界感の傾向も含めNOVELAの生み出したものの影響の大きさがわかると思います。MaliceやVersaillesを見聞きすると直接でないかもしれないけど彼らの撒いたものがバージョンアップしていると感じます。

初期の代表曲


化粧した自分を愛するというナルシスティックな曲 ローズセラヴィ
スポンサーサイト

テーマ : ヴィジュアル - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【V系の源 NOVELAの美しきリーダー平山照継】

V系はそんなに詳しくないけどヴェルサイユぐらいは知ってますよ。このスタイルを確立したのはたぶんMalなんだろうと思います。その背景になっているのがX-Japan、彼らの原型になった人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。